Cart

Jalan Sriwijaya

1919年にテデ・チャンドラによってインドネシアで創業した靴工場のJalan Sriwijaya(ジャランスリワヤ)は、オランダの植民地であったことから外国人向けのミリタリーブーツを手掛けて、その後、息子のルディ・スパーマンがイギリスのノーザンプトンで修行を積み、フランスで皮革の生産も学び、そして2003年に待望のJalan Sriwijayaブランドが誕生しました。
4商品